社会インフラ整備の中でも建設工事業が自ら自治体に推奨していくべき住民のための施設建設は?

通常の土木工事や建設工事と異なり、市民生活上の利益に大きく関わることの多い社会インフラ整備。現状を見ると社会インフラは国や地方自治体からの必要性に応じて施工されるのが原則ですが、これから建設業界が一定の発注量を得て業界として更なる発展を遂げて行くのであれば社会インフラであっても住民にとってより有意義なケースを提案することが求められます。

その中で、建設工事業がもっと提案して行くべき案件としては、公民館や集会所などのより安全性の高いタイプもあるでしょう。現在各地域の小規模の集会所などは存在していますが、その集会所などが災害で崩れやすいことも多いと言えます。つまり、現在の多くの集会所などの立地では災害時に孤立を招くことも多く、むしろ住民の利便性を削いでしまう可能性があるのです。

そのため、建設業界としては如何に社会インフラ整備で受注を待つ以外にも、行政に対して住民の安全性をどうやって確保できるかなどを立案して行くことも重要でしょう。

水害を未然で防止してくれる河川掘削工事!土木・建設工事業が行う社会インフラ整備の中では最も重要かも!

日本では昔から河川の氾濫は留まることを知らず、それは都市部・地方部を問わずに大きな災害に発展することも多いでしょう。そのため、日本の河川では河川の掘削と護岸工事を同時に進めることがあるでしょう。一般的に河川の氾濫は支流よりも本流が多くなりますが、支流の場合は水量が少ないと言う認識の下でかなり浅いところも多かったのです。

しかし、このような状態ですと集中豪雨などが起これば本流以外にも支流での氾濫が多発するようになりまして、これでは被害がかなり広がる恐れが出てきます。そのため、多くの河川では集中豪雨で水があふれ出さないように掘削を吸進めて深さを取ることが多くなったと言えるでしょう。

現に支流では掘削を事前に進めていたことで氾濫を免れた地域も多く、最近では土木工事・建設工事業者による社会インフラ整備事業の1つとして最も重要だと認識されるようになっているのです。災害が少ない地域はこのような意識が非常に少ないので、全国的に河川の状態を再度チェックする必要があります。

日本の安全な鉄道網が海外の社会インフラ整備に役立つ?建設工事以外に運営人材の育成が重要!

近年は日本の新幹線が世界に出て行く気配が出てきていまして、すでに台湾には日本の新幹線技術が輸出された経緯もあります。本来において、鉄道と言うのはその構築技術だけでは何の役に立ちません。それを運営するノウハウ・人材の良好な運営意識などすべてが上手に絡まって、初めて安全な鉄道が継続的に運営されることになるからです。

一部の国が日本に対抗して高速鉄道技術を輸出しようと考えていますが、問題は建設工事が終わって如何にそれを安全に運営できるかが重要です。鉄道事故が起きない仕組みもそうですが、何らかのトラブルが起こってもすぐに対応できる体勢が整っていることが重要と言えるでしょう。そういう意味では日本の鉄道事業は圧倒的に有利と言えます。

また、日本が社会インフラとしての鉄道を海外に輸出する際に必要なことは、建設工事以外にも現地における運営人材育成をサポートする仕組みを提供しなければなりません。ソフト面の充実は多くの国が思うほど簡単ではないのです。

少子高齢化は社会インフラ整備とその維持に不利?建設工事がどう社会に貢献できるか?

日本で急速に広がりを見せる少子高齢化。2000年代に入る前からしきりに指摘されて来たものですが、国は未だに抜本的な策を出そうとしません。しかし、確実に進んで行く少子高齢化の中では社会インフラの整備スピードにおいても確実に悪影響を及ぼしています。

それは整備そのものを行う建設工事業者についてもその人材確保が非常に厳しくなっているからで、これは当然ながら社会インフラ整備の進捗を大幅に遅らせてしまう大きな要因となり得ます。これにより、社会不安に陥りますので日常社会に様々な問題が形成されていくことになるでしょう。

建設工事業としても人事を確保することについて一層努力して行くことが非常に重要ですが、それと同時に既存の人材の中で如何にして社会インフラ整備に貢献できるかを考慮しなければなりません。人的資源がどんなに少なくても安全な社会インフラを国民に提供できる仕組み、これこそがこれからの建設工事業者に課せられている使命なのです。

世界的に不安定になる気候!建設工事には災害を見据えた社会インフラ整備が一層求められる!

近年の地球温暖化や環境悪化などによって、世界中で異常気象が見られるようになりました。この影響で社会インフラ整備に関しても、単純に公共工事と言う側面だけではなくて自然環境の影響を受けにくい工事が特に求められるようになりました。

社会インフラ整備はその費用に国民の税金が投入されるものですが、その反面において安全性が疎かにされてきた部分も一部には存在していました。しかし、最近では災害の大規模化が叫ばれる中で、耐震構造などのしっかりとした強度を持つ社会インフラの整備が徹底されなければならない時代となったのです。

この社会インフラ整備は言ってしまえば建設工事業者の大事な収入源になりますが、その整備を担うものとしての責任は非常に重くなって行くことになります。そのため、彼らが長年の建設工事業務に従事する中で、災害対策やその安全性に対して細かなノウハウを集積している業者は、極めて社会インフラの整備にマッチしていると言っても過言ではありません。

社会インフラ整備で今後需要が増加する可能性のある公営住宅!建設工事業者は力の見せどころ!

日本人にとって、マイホームを持つと言うことはかつて非常に大きな意味がありました。特に一戸建てはその土地に安定して住む方法になるだけでなく、家族が集まれる場所としての機能をも兼ね備えていたのです。しかし、近年は核家族化が進んだこともあって、広い一戸建てに住む意義も大きく失われつつあります。

これにより、最近では共同住宅特に公営住宅へのニーズが非常に高くなっているのです。この背景には、所得によって家賃がそれぞれ違うこともあって低所得者であれば割安で住むことが出来るからなのです。よって、公営住宅はこれから増加すると見られ、建設業者においても非常に重要な社会インフラ整備の1つとして認識されるようになっているでしょう。

かつての公営住宅は5階建てや長屋式の団地型アパートが多かったのですが、最近は高層マンション形式のものがほとんどで民間のマンションと何ら変わりのないものばかりです。そのため、建設工事業者もマンション建築における数々の経験とノウハウを生かすことが出来ます。

関東圏でも公害である草加市ではナガヤス工業株式会社などの中規模の土木・建設業者が活躍しています。ナガヤス工業株式会社では様々な建築物の建設に携わっています。ホームページやFacebookには写真もあるので、参考にすると良いですが、比較的公共性の高いものの建造にあたっているようです。

現在の建設工事における社会インフラ整備で最も重要な高齢者施設関係!

一般的な建設会社と言うと住宅建築物が非常に大きな収入源になりますが、実はこれ以外の建築物も多く受注しています。その非常に大きなものが、いわゆる社会インフラ関連になることでしょう。その中でさらに将来的に高いニーズが見込めるものとすれば、高齢者施設になると言われているのです。

高齢者施設は国や自治体が運営しているタイプは非常に少なく、そのほとんどが社会福祉法人・医療法人によるものだと言えるでしょう。しかし、この大部分は健康保険・介護保険を使ってのサービスが受けられますので、民間運営の多い高齢者施設も社会インフラに含まれることになります。

現在のところ、この建設工事へのニーズが非常に大きくなっているのが、特別養護老人ホームなどの入居待ち施設になります。しかし、高齢者増加のスピードは国の想定以上に速く、保険給付を抑えるために入居条件を更に厳しくしているほどなのです。

そのため、高齢者施設の社会インフラ整備は社会にとっても必要なものにも関わらず、国にとって頭の痛い問題と言えるでしょう。

トンネル工事から見る社会

道路や鉄道は社会インフラ整備には欠かせない土木工事なのですが、道路や鉄道を通す場合、トンネル工事が必要になることもあります。トンネル工事は崩落の危険性があるので、十分注意して行わなければいけませんし、技術力も必要になります。通常は山を突き抜けるためにトンネルを掘ることが多いのですが、場合によっては地下に鉄道や道路を通すための工事を行うこともあります。

最近は鉄道の高架線工事が盛んに行われていますが、都心などは新しく土地を確保するのが難しいので、地下に通して踏切をなくし、交通渋滞を緩和する鉄道も増えています。大きな道路を交差するために、片方を地下にするという道路工事も行われています。

トンネル工事は順序良く、トンネル掘削、トンネル覆工、トンネル付帯工という順番で行うのが一般的です。しかし、これらにはいろいろな作業や準備、後処理などがあるので、かなりの日数がかかってしまいます。昔に比べればかなり早く作業ができるようになりましたが、それでも難しい工事であることに変わりはありません。

水道管工事から見る社会

土木工事を行う業者では、水道管の工事を受け持つこともあるでしょう。家や施設などを建てるときには、必ず水道が必要になります。そのため、水道をしっかりと通さないといけませんし、社会インフラ整備の一環として、必ず必要になる作業だと言えます。通常水道管というのは、道路の下に存在しています。

そのため、水道管の工事を行うには、道路を掘り起こして作業を行う必要があるため、道路の一部を通行止めにしなければいけません。よって土木工事を受け持っている作業員だけではなく、警備員に交通整理を依頼することも多いでしょう。もちろん安全第一で作業を行う必要もあります。

水道管工事で注意するべきことは、道路を掘り起こすときに、水道管を傷つけてしまわないことです。水道管を傷つけてしまうと大変な事になるので、この点だけは十分注意する必要がありますし、周辺住民への配慮も重要になります。一般的な建設工事に比べて地味なイメージの仕事ですが、実はかなり大変な仕事なのです。

ナガヤス工業(埼玉県草加市)でも安全・快適な街づくりを実現すべく、学校や病院などの工事をしつつ水道管の工事や川の護岸工事など、幅広く土木工事を行っています。ナガヤス工業のように、地盤産業に密接にかかわり、地元で信頼される工業会社は、たしかに地味なイメージを持ちやすい一方、実際に携わっている工事を見てみると実に細かやかなところまで配慮されています。ホームページを見ると色々と参考になるので、ご参照ください。

土木建設工事を知ると社会が見える!

土木建設工事を知ると社会が見えてきます。土木工事や建設工事は社会インフラの基盤です。ですから、これらに関連する会社、工業、地場産業、業界や用語を調べていくことで、社会インフラの整備にかかわる事柄をよく理解できると思います。

このブログでは、そういった内容を書いていき、社会インフラについて考え、そして発信していきたいと思います。

よろしくお願いいたします。